【注意】携帯料金の未納でお部屋が借りられないことがあります!!

高知市旭町にある、街の小さな不動産屋。
旭町3丁目不動産、竹村です。

今日はちょっと怖い話。
今や国民の約95%が持っている携帯電話ですが、
年に何人か【携帯電話料金の未納が過去にあり、入居審査が通らない】という方がいます。

保証会社等の審査の結果は教えてもらえないので、
なぜわかるか(推測できるか)というと、
● 毎月しっかりした収入がある
● 前科もない
● 反社会的勢力でもない
● カードの滞納などをした記憶がない
● ましてや、自己破産・債務整理なんてしていない
にもかかわらず、審査が通らないんですね。

で、詳しく突っ込んで聞くと
「そういえば、しいて言うなら、過去に携帯料金を数か月滞納したことがある」
とのお返事が返ってくる方が何人かいました。

月々の通信費に携帯電話の料金を上乗せで払っている場合、
61日以上滞納すると、いわゆる『ブラックリスト』に乗ります。
black_list
それは、携帯本体の料金を分割払いしている方は、「ローンを借りているのと同じ」なんです。

物件や保証会社を変えて審査が通るケースもあるし、
信用情報機関の登録が消えるまで待たなきゃいけないケース(5~10年と言われています)もあります。

「電話代くらい」と甘く見ないで、未払いには注意してください!!

ちなみに、携帯の契約者が未成年の方で、親御さんが支払いをしていて、遅延したことがある場合。
名義人(未成年の契約者)の方本人がブラックリストに乗ってしまうケースもあり、全く本人の自覚のないところで、「入居審査が通らない」「クレジットカードが作れない」という場合があります。

これからの時代、ますますキャッシュレス化が進み、お金の流れがわからなくなることが予想されます。
思わぬところで信用情報が傷つかないように、携帯料金だけでなく、お金の管理に気をつけましょう^^

・・・と、今日はファイナンシャルプランナーっぽいことを言ってみました。
実は11月第一土曜日は、日本FP協会が定めた「FPの日」なんだそうです。
普段、FP関連の仕事、してないんですけどねー(*´艸`*)

Comments are closed